PM2.5

PM2.5」が危険な物質として世の中で騒がれていますが、たばこの煙もPM2.5なのです。タバコを喫い続けるとPM2.5を吸い続けていることになる訳です。

この状態が続くといわゆるCOPD(閉塞性肺疾患)となります。   以前、肺気腫と言われていたものです。

人よりも早く息切れを感じた方は、当院で肺機能を検査することが出来ますので是非肺活量検査で1秒率を測定してみましょう。早期にCOPDを診断出来れば重篤な病状になる前に色々な方法で進行を予防することが出来ます。