歴史街道丹後100kmウルトラマラソン

仁木俊一郎です。
先日ウルトラマラソンに出場しました。出場したのは京丹後を走る「歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」で、途中60km過ぎた頃に碇(いかり)高原という大きな峠があるのが有名な難コースです。
本格的にマラソンを走り始めたのは2014年の事で、これまでにハーフマラソンやフルマラソンにも出場していますので、そろそろマラソンやランニングが趣味だと言って良いレベルかもしれませんが私自身は趣味で走っているという感覚は全くありません。走る理由は人それぞれでしょうが、私は気持ちを安定させ、体の調子を整えるために走ります。走る以上に気持ちや体をリセットできる方法を知りません。毎日元気に仕事をするために走るので、広い意味で言うと仕事の準備、仕事の一環と言えると思いますが、なかなか家族の理解は得られません。
肝心のウルトラマラソンですが、走り終えた感想はこれまでに走ったマラソンとは全く異なるものでした。フルマラソンの42.195kmに対してウルトラマラソンは100kmあるので、完走までに14時間ほどかかりました。
フルマラソンを3時間半ほどで走り切ることを考えるとかなりのんびりペースです。途中のエイドステーションでは郷土料理を御馳走になったり、別のエイドステーションでは足マッサージをしていただいたり、ランナ―どうしで会話したりしながら進むので、走りながら最小限の給水で進んでいくフルマラソンとは時間の流れ方が全く違いました。タイムを競って前だけを見据えて走るのも大好きですが、今回のように途中のエイドステーションを楽しみながらゆっくり進むマラソンも非常に味わい深く、新たな発見でした。
そして走った距離に比例して完走した時の喜びもとても大きなものでした。「14時間もよく走れるね。」と言われますが、14時間も仕事の事も家庭の事も忘れてずっと走っていられるなんて幸せ以外の何ものでもありません。
その間職場や家庭を守ってくださった方々には感謝感謝です。
来年は40才の節目です。家庭でも仕事でも今しか出来ない事がたくさんあるはずです。今回のウルトラマラソンのようにこの先も山あり谷ありだと思いますが、周りの助けを借りながら、無理せずなるべくイーブンペースで、たまには休憩もしながら、これからも進んでいきたいと思います。